月1回でも意味がありますか?

カウンセリングは、必ず決まったペースで行わなければいけないものではありません。無理をするより、その人その人に合ったペースや回数でご利用いただく形が望ましいのではないでしょうか。

確かに、週1回や隔週をご希望されれる方もいらっしゃいます。平均すれば隔週ペースくらいが一番多いかもしれません。

平均的なことを聞くと、それに合わせなければ意味がないとお感じになられるかもしれませんが、ご希望される方が、月1回程度を望まれるならば、それは意味のあることになると考えます。(そのように日常生活とカウンセリングの時間が意味のある構図をなしていくと想像しています。)

それが、料金やスケジュール上の都合で月1回になるという理由であるにしても意味を感じます。むしろ、その場合は、あまり間隔を詰め過ぎない方が良いとさえ感じます。

カウンセリングの時間は、やはり普段の生活の時間とは異なる時間であると思います。

そしてその時間は、予め時間や予定日が決まっているため、非常に凝縮された時間であると感じます。この凝縮が起きるため、カウンセリングは生活の一コマに過ぎずとも、何かの意味を含んでいくのではないでしょうか。

月1回カウンセリングのメリット

一つ思うのは、月1回のカウンセリングでは、ご相談者が直面していることへ、より能動的になる面があるのではないでしょうか。カウンセリングはもともと能動性を大切に考えるものですが、見方によっては、月1回の方がそれを大切にできそうでもあります。

もう一つ別な見方を挙げておくと、月1回という距離感が丁度よいという場合があります。

圧倒的な現実と直面するためには、現実との間合いがカウンセリングを安全に進めるポイントになることがあります。この場合は頻繁なカウンセリングは避けたほうがよいのではないでしょうか。

デメリット

月1回について、別な面から考えると、カウンセラーが一月前の話を忘れてしまうのではないか?という、心配を持たれる方もいらっしゃると思います。

確かに、週1回お会いする場合と、月1回の場合とでは、記憶に差が生じる可能性はあり得るでしょう。基本的には記録が残るため、肝心な内容が忘れ去られることはないと思いますが、それでも利用する方からすると心配な点だと思います。

そもそもカウンセラーは全てを記憶しているのか

カウンセラーは、カウンセリングで語られたすべての内容を記憶しているのでしょうか。

そのようなカウンセラーも中にはいるのだと思います。ですが、中には、そこまで、話の内容の一言一句まで記憶しないというスタイルのカウンセラーもいるのではないでしょうか。

<前回の面接の最後に、実行するとおっしゃていた、あの件はどうなりましたか?>

こんなことを、冒頭で尋ねるカウンセラーもいれば、無理に蒸し返さないと考えるカウンセラーもいることでしょう。あまりに、実効の有無を確認されるのも、しんどさを伴う経験になってしまう可能性も時にはあり得るものです。あながち、カウンセラーが記憶していないことは、デメリットと言いきれない部分があります。

月1回のカウンセリング

→合わせて、カウンセリングの受け方に必要なのは警戒心?もご参照ください。