異なる文化を持った人が出会った時に、挨拶の仕方はどうなるのか

握手

オリンピックを例にとると分かり易い話のように思います。

日本に外国の人がたくさんいらしたとき、我々は日本流の挨拶をするでしょうか、それとも外国の挨拶を交わすのでしょうか。

異なる文化を持った人同士の挨拶

ある国においては常識とされることであっても、別な国では失礼に当たることがあります。

日本人などは、キスを交わして挨拶するようなことはありません。

ですが、映画を見ればわかるように、頻繁に挨拶代わりにキスを交わすシーンがあります。

また、握手は最近では日本人も交わしている姿を散見しますが、普段はおじぎが妥当でしょう。

握手の手を差し出されたなら、どうしたものでしょう。キスではありませんから応じることも可能です。

 

おもてなし

おもてなしというくらいですから、やはりお越しになる方の文化を尊重し、勉強するくらいの気持ちは必要なのでしょう。

片言の英語や中国語であっても、わざわざ勉強してくれた日本人がいるのだという気持ちは伝わるかもしれません。

一方、外国にお世話になるのだからその国の言葉を事前に学んでおこうなどと外国の方も考えていてくれるかもしれません。

番外編 どんなに口に合わない料理でも尊い

もし、一生懸命に作ってくださった料理が自分の口に合わなかったら、その時どのように振る舞ったらよいのでしょう。これは日本国内においてもよくあることです。これは深く考えることがあります。

自分の文化に誇りを持って良い

相手をの文化を尊重するのだからと言って、日本人がキスする必要がないことは当然です。

相手に合わせるだけのコミュニケーションには限界があり、合わせられた方もいい気持ちはしなのではないでしょうか。

悪い事をしてしまったなどと後で落ち込んでいるかもしれません。

逆に、無理に文化を押し付けられ強要されたならば、その時は今後の付き合いを考えざるを得ないという事ではないかと思います。このくらいの気持ちでいても良いのではないでしょうか。

これは、新婚夫婦や新しい親類関係などにおいても応用の効く話であると思います。

とは言えど、はじめは多種多様な混乱や誤解、ぶつかり合いなどもやむを得ないところがあるようにも思います。気長にお互いを理解して行こうとする態度が肝心でしょうか。