エリック・エリクソン

エリクソンは、ドイツのフランクフルトに生まれ、後にアメリカのボストンへ移住し、ハーバード大学やイェーリで教鞭をとった。

心理学を学び始めると、多くの初学者は、早期にエリクソンの名前を目にすることになる。心理学の概論で出会うこともあれば、発達心理学の中で出会うこともある。

エリクソンは、人間の発達を8段階に分けて考え、そして各段階には発達課題とがあるとした。第一段階では、「信頼対不信」、第二段階、「自律性対恥・疑惑」、第3段階では自発性対罪悪感」というように8段階を整理した。そして、第五段階に、自我同一性の概念も用いられている。この時期のは「アイデンティティ対アイデンティティ拡散」とされている。このようにエリクソンの人格発達理論では対立した概念を8段階でそれぞれ設定した。

自我同一性とは、自分自身が何者であるかという感覚であり、青年期の重要な課題としている。この課題がうまく達成されないときにアイデンティティクライシスを迎えることになる。

  • モラトリアム

元々は経済学の用語だが、エリクソンは青年期の特性をこの言葉を用いて説明した。

経済学では、支払い猶予期間を意味するが、青年期も社会からの責任を猶予されている時期とも見ることができる。