アブラハム・マズロー

アブラハム・マズローはニューヨークに生まれ、後に心理学を学ぶようになった。1967年~1968年にはアメリカ心理学会の会長を務めている。

行動主義の中で学んだ経験も持つが、後には、ロージャーズらと同様に、人間性心理学の開拓者として数えられるようになっていた。(アルフレッド・アドラーにも師事した経験を持つ)また、晩年トランスパーソナル心理学の基礎も築いた。

彼が主張した欲求の階層は、非常に多くの人に知られるに至り、現在では心理学を学ぶものだけにとどまらず、看護師などの教育課程にも紹介されている。心理学のテキストを開けば、マズローの紹介が散見されるものである。

アブラハム・マズローが提唱した欲求の階層説

マズローは、人間の欲求を、下記の5つに分類した。

生理的欲求を、根底に生理的欲求が置かれている。これは、食べ物や飲み物等の生命を維持することに必要な欲求の事である。これらが満たされていないと、それらを求めようとする欲求に支配されることになるといい、2番目の安全欲求は生じないか、生じても弱い欲求になるという。

ピラミッド型構造の欲求階層

このように、一つの欲求が満たされることで、次の欲求が生起すると考え、それを5つの段階に分けている。図解すればピラミッド型の構造になる。

  1. 生理的欲求
  2. 安全欲求
  3. 所属・愛情欲求
  4. 自尊欲求
  5. 自己実現欲求

 しかしながら、必ずしも、欲求を満たさなければ、別な欲求に到達できないとするものではない。

衣食住に納得

さて、日本では、よく衣食住を、生活の基本とすることがある。これは、マズローの考えとも一致するのではなかろうか。

もし、明日仕事に着てゆく服がなかったなら、我々は、仕事を休むことになるだろう。また、真冬の雪の日に出勤するときに、コートがなかったらどうであろうか。仕事どころではなくなってしまうかもしれない。

もし、毎日の食事が確保されていなかったら、我々の生活はどうなるだろうか。

やはり仕事どころではないし、途中で力尽きてしまうかもしれない。

また、住まいがなければ、我々は一日の疲れを癒すことも困難になる。雨風の中を、耐えられるだろうか。犬に追いかけられることもあるだろう。

こんな時、気持ちは安心していられるかと問われれば、多くの場合簡単なことではない。

衣食住が少なくとも確保されていることで、我々はまマズローが言うところの生理的欲求や、安全欲求を満たすことができているのではなかろうか。