年代の背景事情

2016年を生きる50代女性には、どのような背景事情が考え得るでしょうか。

まず、2016年の55年前は、1961年です。そして1980年頃が20才界隈の年齢になります。1980年代初頭の時代背景なども現代の50代の生活様式や価値観を考えるうえで関係してくるものでしょう。

ここでは、50代には人生の中でどのようなイベントが起きうるか、また、50年程前の、時代背景に触れたいと思います。

50代のライフイベント

別ページでも触れましたが、50代にもまた、様々なライフイベントが想像されます。

例えば、両親との死別や、子供の独立など、非常に大きなライフイベントを含んでいます。

  • 両親との死別
  • 両親の健康上の変化
  • 介護に関すること
  • 子供の結婚、自立
  • 孫の誕生
  • 自分自身の健康への不安
  • 自分自身の病気
  • 配偶者との関係

など、列挙すれば、きりがないほどのイベントが想像されます。50代が、人生の一つの転機になることに納得のいくようなイベントばかりです。もちろん、これらに全くあてはまらない50代を送ることも当然あり得ます。

価値観を養った時代背景

さて、1980年代初頭はどのような時代だったのでしょう。

バブルの全身期のような時期もあり、景気は徐々にバブルへ突入していきます。バブル前に、結婚した人が多いかもしれません。

昭和の終焉もまた80年代のことです。昭和64年を最後に、平成に入っていきました。

年代の背景

うなぎ上り的な感触を持った方が多いのか、または、もっと内側に意識が向いた時代なのかわかりませんが、永久就職や安定雇用ということが常識的だった時代ではないでしょうか。そう考えると、安定が基本というような価値観の存在は幅広く見られるものでしょうか。 続く