Bさんの迷い~後輩から届いた招待状~

物語風に、30代女性の生き方を想像してみました。この物語風記事は、数話に分けて書かれています。このページが先頭になります。他のページへはページ下部またはサイドメニューから移動できます。

☆Bさんのプロフィール

Bさんの迷い

  • 34才
  • 女性
  • 地方出身
  • 独身
  • 会社勤め、12年

Bさんは、大学をストレートで卒業後、そのまま就職し、12年間働いてきた女性です。経済的にはだいぶ安定しており、仕事にも慣れています。そんなBさんには、最近ある迷いがありました。

Bさんの迷い

先日、知人から結婚式への招待状が届いたのですが、どうも気乗りがせず、出席を迷っているというのです。もともと、Bさんは賑やかで人が集まるような場所が嫌いと言うわけでもなく、どちらかと言えば好きな方だったはずなのですが、何か躊躇いを感じているようです。

Bさん自身薄々、その迷いの意味が分かっていたのですが、何か触れたくないような気持だったのでしょう。結婚する知人は年下の後輩なのですが、うらやましいような気持ちもあり、今回は出席が辛いと感じていたのです。Bさんの同期はほぼ結婚しており、Bさんはいつ結婚するのかと、何度も聞かれた記憶もあります。

結婚式に出れば、必ずその話題になると思い、気分が重たかったのです。しかし、後輩の結婚式ですし、なんとか参加してあげたい気持ちもあるようです。

自分自身の心境の変化に、素直に後輩のことを祝福できないなんてと、どこか自分を責めるかのような思いになっていくBさんだったのでした。この気持ちをどのように考え、どのような行動を取るのでしょう。

 ※後書き  さて、結婚式には、色々な立場の人が出席するものですが、内心穏やかでいられない人もいるのではないでしょうか。少し皮肉めいた言い方をすれば、結婚できてうらやましい、という、素直に喜んでいられない人も少なからずいると思います。何か先を越されたようでもありますし、自分だけ惨めだと感じている人もいることでしょう。それでも、おめでたい席なので・・・と自分の気持ちを押し殺して過ごされているかもしれません。その他、余興を頼まれて、食事どころではなく、汗をかいている人もいることでしょう。結婚式そっちのけで、お酒に酔ってしまう人もあるでしょうか。当人にしてみれば、多くの場合一生に一度の晴れ舞台ですから、やはり失礼があってはいけないのだと思いますが・・・。

◇ある30代女性Bさんの生き方

この物語風記事は数話に分けて書かれています。

第2話へ進む→結婚式に出席したBさん