カウンセリングについて

カウンセリングの事

 

カウンセリングでは、以下のようなことに直面されている方々をお待ちしております。

カウンセリングに関して

  • 人生の岐路にあり、この先の生き方に迷っている方
  • 対処困難な不安や葛藤に直面している方
  • 職場や家庭、親類、友人などの対人関係にお悩みの方
    夫婦や子育て等の家庭内のことで悩みを持つ方
  • 出産・闘病・事故・就職など様々なイベントの後に、ご自身の気持ちの整理を望まれている方
  • 日々生きる中で、ご自身を取り囲む生や死、運命などについて深く疑問を感じている方
  • 様々な体の不調にお困りで、心理的な事が関係していると思われる方 など

※上記以外の内容でもご相談いただけます。

 担当カウンセラーは、これまでソリューション・フォーカスト・アプローチ、ナラティブアプローチ、来談者中心アプローチ等の専門的視点を学んできました。心理カウンセリングでは、物事には多様な見方があるという視点を大事にしています。実際のカウンセリングでは、どの方法ということよりも、これまでに得た視点・経験を総合してお会いしています。

ご来室頂いてのカウンセリング

当オフィスにて、臨床心理士の資格を有したカウンセラーがお会い致します。

カウンセリングをお考えの方の中には、行ってみようか、どうしようかと迷っている方も多いと思います。

そこには・・・

  • 「どのようなことを話すのだろう」・「しっかり話せるであろうか」・「カウンセラーはどんな人なのだろう」・「否定されるのではないか」

などと様々なことが連想されるためということもあるのではないでしょうか。 もちろん、安心してお話頂ける場となれることに最も力を入れておりますが、上記のような当然とも言える心情も踏まえ、「どうぞお気軽に」と簡単に勧めてはおりません。そのためらいや迷いを大切にしながらご検討いただければと思っています。

その他

カウンセリング経験の蓄積から、対人的援助を実践する専門職種(教師・看護師等)の方々への臨床心理学的視点からのコンサルテーションも承っております。(時間等は、カウンセリングに準拠した枠組みで行っています。)