リラクセーションを用いたセルフケア勉強会

セルフケア

当オフィスは、普段心理カウンセリングを専門に活動しております。その活動の蓄積から、地域援助の一環で勉強会も企画しております。

企画の背景

慢性的な緊張
私達は日々の生活の中で、緊張を覚えることがあります。例えば「人前でのスピーチ」・「面接試験」・「スケジュールに追われ忙しい時」・「渋滞」・「大雨」・「家族関係」・・・    などなど

このようなとき、胸がドキドキしたり、体のあちこちに力が入ったりします。または、気持ちがイライラすることもあるでしょう。これらは大抵しばらくすれば元に戻ります。

しかし、日常的に長い間緊張が続くと・・・

どうでしょう。こうして肩もこっていくのかもしれません。

 

特に、新型コロナウイルスの登場以降、我々の生活は大きな変化を強いられています。

仕事の関係では、在宅のテレワークが推進されています。長時間のパソコン操作は元々肩こりなどにつながる要素を含んでいましたが、コロナ禍においては益々拍車をかけているかのようであります。

また、仕事ではなくとも、スマートフォンなどの機器を操作する時間が増えた人も多いのではないでしょうか。

こうした中で、臨床心理学的観点からリラクセーション法を用いることで、セルフケアにお役立ていただけるのではないかと考え企画いたしました。

内容

  • リラクセーション技法を編成し、通しで20~30分程度で実施できる内容としました。
  • 今回は主に、肩まわり~指辺りを弛める方法としました。
  • 椅子に腰かけた姿勢、又は立った姿勢で行います。
  • 簡単な説明など含め、60分の予約枠で実施します。
進め方:写真もなくイメージをしにくいかと思いますが、リラックスするには、まずご自身で肩を上げるなどして緊張を作ります。そして、それを弛めて行くことで、リラックス感を得てゆく方法です。当日解説します。

実施期間

  • 6月~未定まで

対象

一般の方で次のようなことを感じている方・・・

「パソコンやスマートフォンで肩がこる」・「自分でほぐしたい」・「自宅で気分転換をはかりたい」・「緊張した感じがある」            など

※ごく小さな動きで実施できる方法ですが、医師から特別制限されるようなご事情がある方は、まず医師にご相談ください。

※お一人ずつお会いします。

料金

3000円

お申し込み方法

電話でご予約下さい。予約の空いている時間に予定を組みます。月・火・木・土曜日の10:00~20:00(土曜は18:00)の間で調整しております。