人と人が会うための工夫

向かい合う

 

カウンセリングは「人と人が会うこと」を指すのではないかと感じます。一方でカウンセリングは専門的行為であります。いかに人と会うかということが、カウンセリングにおける専門性の一つと言えるのではないでしょうか。

 

 

カウンセリングは、通常の人間関係とは大きく異なります。

まず、カウンセリングでは時間がはっきりと決まっています。

当オフィスの場合は初回60分、2回目以降50分というスタイルで行っています。

日常の人間関係の中では、ここまで明確に時間を決めた会い方をすることは

滅多にないことでしょう。

次に、お会いする場所が、当オフィスの中だけということが挙げられます。

通常の人間関係であれば、カフェやレストランなどを待ち合わせ場所に選ぶかもしれませんが、

当オフィスのカウンセリングの場合は、面接室の中でしかお会いしていません。

もうひとつ挙げれば、料金が発生するという点になるでしょう。

通常の人間関係で、人と会うことに料金が発生することは

非常に稀な状況と言えるでしょう。料金が発生することで、

カウンセリングの時間に対する重みづけがなされているわけです。

このように、カウンセリングではある種、特殊な会い方をしているわけですが、

こうした設定の中でお会いする背景には、安心して人と人が会える時間と場所を

守ろうとする気持ちがあります。

通常の人間関係の中では、もしかしたら相談相手は何かを急いでいるかもしれませんし、

途中で電話が鳴るかもしれません。

その場合、忙しいのに申し訳ないというような思いに駆られ、

相談自体を延期しようと決断されるかもしれません。

また、自分のことに時間を割いてもらってしまったという、

なんとなく後味の悪さが残る場合もあり得るものです。

カウンセリングという特殊な状況下では、努めて

日常的な要素を持ちこまないようにしております。

これを専門的には非日常性と呼びますが、この非日常性が、

カウンセリングの醍醐味の一つであると考えています。

この状況下で、普段の価値観から離脱し、自由な語りが展開される中で、

新しい発見や新たな視点がうまれることに繋がると感じています。