揺らぐ臨床心理士のアイデンティティ

多様な現場に従事すると、臨床心理士のアイデンティティに揺らぎが生じることもあるでしょうか。

もちろん、総合病院におけるカウンセラーの活動でも述べたように、多様な現場に触れるからこそ自身の存在意義や専門性が浮き上がってくるということもあります。

今回は揺らいだ場合という線の話です。

臨床心理士のアイデンティティ

存在カウンセリングマインドという言葉はいつ頃から使われるようになったのでしょう。

これは正式な用語というよりは、日本で作り出された造語のようなものです。

厳密な定義がなされているとは思えませんが、概ねカウンセラーのような精神で、人と関わろうとする意味合いで使われます。カール・ロジャーズの受容共感、自己一致などのことを指しているのだと思います。

例えば、産業領域においての新人育成や部下の指導場面でカウンセリング・マインドは生かされています。

教育の中でも教師が生徒に対するとき、看護においても看護師が患者に接するときなど非常に多岐にわたります。

詳しくは、看護師もカウンセリングを学んでいる?で触れています。

カウンセリング・マインドへの誤解

時に、誉めることと誤解を感じる場合もあるのですが、誉めるというより、カウンセリング・マインドは尊重とか、肯定と言う方が近いのではないでしょうか。

指導をやめた教師

さて、カウンセリング・マインドということを意識し始めると多くの疑問に直面することになると思います。

例えば、宿題を忘れて来た生徒に教師はどう応えるのでしょうか。(関連して、答えると応えるもご参照下さい。)

「先生も学生の頃はよく忘れてたなぁ、わかっちゃいても手がつかないもんなんだよなぁ・・・」

などと、指導をやめてしまって良いものなのでしょうか。いや、時々で使い分けるもの、と考える方もあるかもしれませんが、なんだか一貫性が保たれない態度になりそうでもあります。

教師が生徒を叱ってはいけないのでしょうか?

いつしかカウンセリング・マインドを失くしたカウンセラー

不思議なことに、カウンセラー側がカウンセリング・マインドを失くしてしまうことも度々起こります。

いつの間にか、「先生のことをしっかり聞くべきなんじゃないかなぁ・・・」「お母さんを心配させるのはもうやめたほうがいいのでは・・・」、「二度とやらないと約束してくれないかなぁ」などと、カウンセラーらしからぬことを言い出すことがあります。

逆に、先でも触れましたが、時にカウンセラーが誉めることをカウンセリングであるかのように思ってしまう勘違いが起こる事さえあります。

アイデンティティが揺らぐときは自分自身の在り方に迷いが生じた時か

蕎麦屋の人はラーメンも打てるのでしょうか。

そう簡単なことではないと思います。

蕎麦屋がラーメンを打ちたくなる心情とは、蕎麦への迷いが生じたときであるかもしれません。

同様に、カウンセリング・マインドを学びたいと思ったときは自分自身の専門性に迷いを覚えた時であるのかもしれないと感じることがあります。

時に臨床心理士の大学院に入学する方もあるでしょう。

カウンセラー側は、むしろカウンセリングマインドに迷いを感じたから、別な専門職の方向へ走りたくなるのかもしれません。

時に臨床心理士の資格を更新しない人もあるのではないでしょうか。

どういういきさつにせよ他の領域の人の専門性を学ぶことには意義深いと言えるでしょう。しかし、自分自身が何者であるかを忘れるべきではないと思います。

カウンセリングを学んだ人がいつしかカウンセリングへの興味を失くしたり、教育を真似したカウンセラーがいつしかカウンセリングの方へ再びどっぷり浸かるなどということもよくあることです。

それは自らの専門性を再確認するために必要な時間だったのかもしれないわけです。

蕎麦屋で考えれば、蕎麦打ちに疑問を感じた人が、ラーメン屋へ転職し、数年の修行の後、やはり自分は蕎麦屋だったのだと元に戻るようなことがそれにあたるでしょう。本当にありそうな話です。

精神科医と臨床心理士の違いは視点にある?もどうぞ