医療従事者のためのストレスマネジメント実践例

ストレスマネジメントとは

このページでは、医療従事者のストレスマネジメントについて、架空の実践例を挙げています。

昨今、感情労働などという言葉を聞く機会が増えました。

医療従事者においてももちろん、なんらかのストレスマネジメントを実践することは援助の質を保つ意味でも大きな意義を持つと思われます。

しかし、特殊な職業ともとれる医療従事者のストレスマネジメントをどのように実践した良いのでしょう。

ある心理士の取り組みを例に実際に触れています。これは臨床心理的地域援助とも言える活動になります。

ここでは、物語風に、ストレスマネジメントを実践していく様子を書いていきます。ストレスマネジメントの方法はそれぞれで、唯一の形があるというものではありません。幾つかの活動を知っておくことは非常に意味のあることだと思います。

ある病院で医療従事者を対象としたストレスマネジメントを実践例

あらすじ
副院長からこれまでにないストレスマネジメントの要請を受けた心理職Aさん。病院内をよくよく観察していくと思うところも出て来たようです。Aさん独自の方法はうまく行くのでしょうか。フィクションです。

緊張性頭痛

  1. 副院長から心理士への要請
  2. 厚生労働省が重要視している4つのケアを参考にする
  3. 委員会に追われる同僚たちの様子
  4. 新たな負担を生み出さない。極力シンプルなプラン
  5. リラクセーションプログラムの試作
  6. 振り返りシートの実施
  7. 集計のまとめ
  8. 自発的な定期開催へ

番外編

別サイト