絶えず変化する心境や考え

人の心境や考えは絶えず変化していくことも、一つには自然であり当然のことでもあるのではないでしょうか。

カウンセリングの中でも様々な考え方や心境が述べられることがあります。

時には、このような方向で考えているというが共有されることもあります。

抽象的ですが、例えば、Aの方向に進むことを共有した場合でも、Bの方向へ進むという可能性は残されていて良いと思います。

カウンセリングは何かを決断する時間とも違うように思います。

また、おそらく決断は日常生活の中で起きているのではないでしょうか。

Aの方向へ進むことについて十分話し合うことで、Bの方向へ展開する

AとBの方向性があるとして、カウンセリングにおいては、そのどちらが正しいかという社会的な観念や一般論はあまり重要視されないことになります。

一般常識を養おうとする時間ともまた異なる訳であり、ご本人にとって、意味のある選択をしていただくことの方が重視されるものでもあります。

例えば、とことんAという方向が良いと感じた場合でも、最終的にBという方向へ変更しても、それはよりその人の進みたい方向が明確化された表れではないかと感じることもあります。

日常生活の中で、あちこち方向性が変わったりすると、何かとやりにくい感じがすると思いますが、可能性について深めて行くと、当初の話とは別なことが浮上してくることも珍しくはないと思います。いろいろな可能性の探究が自由であるという点は、カウンセリング特徴の一つとも言えるでしょう。カウンセラーが日常生活上接点がないということも関係しているのではないでしょうか。

また、AからBに移行することは、形は違えど、元々その人が求めていたことが意識化されてきた表れであるとも見えるわけです。外から見てBが良いと感じる場合でも、Aが良いということをよく理解していくことが、結果的に不思議とBにつながることがあるというわけです。そして、やはりAであったと確認をつけることもあるわけです。AとBが根本的には同じ種類のものであることが発見されることもあるでしょう。

このような時にカウンセラーの存在意義があるとすれば、その探求の過程に添うということくらいなのではないでしょうか。

また、時にはカウンセラーが何かを、止める方向に動くということも可能性としてはあるでしょう。