新型コロナウィルス感染拡大防止の取り組みについて

カウンセリングはプライバシーが守られた空間で行うこと等が非常に大事な事で、その性質上、密室状況での実施になります。当オフィスでは、当面の間、下記のように新型コロナウィルス感染拡大防止の取り組みを実施しています。

いわゆる3密(密閉・密着・密集)の状況を極力緩和させ、感染リスクを減らす取り組みです。

  • 玄関にアルコール消毒液の設置
  • 面接中の双方マスク着用:もしマスクが準備できそうにない場合はお知らせください。
  • 面接中のいわゆるソーシャルディスタンス確保:2メートル程度の間隔を空けて実施します。
  • 面接前後の15分程度の換気:予約時間についても前後の間隔を十分に空けることにしています。
  • カウンセラーを含めた、4名以上の同席面接を中止:3名までがソーシャルディスタンス確保の限界となるためです。可能な限り1対1での面接を行います。
  • トイレの封鎖:故障して使用できないわけではありませんので、お急ぎの場合は遠慮なくお申し出ください。
  • 加湿器による湿度の維持
  • ドアノブ等のアルコール消毒を面接ごとに実施
  • 電話相談の開設

など

以上、現在取り得る最大限の対策を実施したうえで運営致します。また、上記対策の修正やさらなる対策を講じる場合には順次お知らせいたします。

電話によるカウンセリングの利用方法について