大事にしている事

カウンセリングを行うカウンセラーがどのような態度・視点を持っているか、この点はやはり知っていただく意義のあることと捉えています。

他の物事でも良く見られるように、より早く、安くということも大事な事ではあるとは思いますが(実際、早い展開もよくあることですが)、最も力を注いでいる点は別にあります。

ここでは、当オフィスで行っているカウンセリングについて、二つの事に触れます。

 

 
安全な空間であること
守られた空間

まず第一に、カウンセリングにおいて、最もと言えるほどエネルギーを注いでいることに、安全面への配慮があります。

工事現場でもないのに、そぐわない表現とお感じになられる方もあるかと思います。

誰かが自分の悩みの話しを聞いていたり、部屋を自由に出入りして突然扉が空いたり、または、話の内容を評価されていると感じるような時、我々は、脅威を覚え、自分自身の気持ちがわからなくなってしまうことがあると感じます。

その他にも、カウンセラーに、一方的なほど自分の価値観や経験、考え方ばかりを押し付けるような態度があっては、否定されるという恐怖もお持ちになってしまうのではないでしょうか。

これらはカウンセリングを行うための、時間や空間にふさわしいとは言えません。

前向きな話しだけではなく、苦悩や悲しみ、怒りなども大事に、十分に時間と労力を割いていただける場として頂けることの方が重要と感じています。

そのためにも、カウンセリングの時間の安全性を高めるよう努めています。

 

 

   
その人がそもそも持つ力を信頼する態度
鉢植え

カウンセリングで、何かが進展したり、解決に物事が動くとき、それはご本人自身の力によるものと常々感じています。

これは本来、医師などの他の職種が近い表現をとっていることも多々あるようにカウンセリング特有の事ではないのかもしれません。

カウンセリングの場は、ご本人の持つ、持ち味や、力に意識が向きやすくなるような時間とも言えるのではないでしょうか。

カウンセリングは、ソリューション・フォーカスト・アプローチのように、各種名称があるとは言えど、予め準備された方法や理論によってばかり進められるべきものではありません。我々も時に理論や技法にばかり偏って本来の援助を見失いかねないという危惧もあります。

しかし、その人の場合はどうかという、非常に個別な展開があります。ここを非常に大事に考えています。

さらに言えば、カウンセリングを通してどのような形を目指すのかについても、その人その人で別な形があると考えています。その人らしさを探していく過程とも言えると思っています。

その他関連することを書いています。