結婚式に出席したBさん

いろいろ考えた結果、Bさんは、結婚式に出席することに決めました。

なんだかんだで、付き合いの長い後輩の事ですから、顔だけでも出そうと思ったのです。早めに帰ってこようと考えていました。

しかし、ここまで決めてもBさんの中の、気持ちの迷いは晴れた気がしませんでした。結婚式に出席するとかしないとか、そういう話が本題ではなかったのでしょうか。

もう少しで、自分の迷いが確かになりそうな気がしていたのですが、はっきりとはしないのでした。うらやましさなのかもしれないと思っていましたが、どうやらそれはそれほど重要なことではなかったようです。

もう少しBさんの生き方に関わるようなテーマがあったようなのです。

Bさんの生き方を振り返ってみると、12年間の勤続です。12年働けば、相当その業界のことには精通していくものでしょう。Bさんの仕事はあるメーカーでの商品企画でした。自分で考えてきたものが実際に商品になって世の中に出て行くという、そういう仕事だったのです。業界に精通してきたところで、益々やってみたいことも増えているようでした。

後輩の生き方

後輩は、Bさんとは少し仕事に対する価値観は異なりました。働いてはみたいけれど、そのうちには、早めに家庭に入って行きたいと考えていたのです。適齢と言われる年齢での結婚でした。Bさんが感じたうらやましさのようなものは、もしかしたら、結婚そのものではなく、後輩が、自分の希望に沿った進展をしているという点だったのかもしれません。

結婚式に参加したBさんはどんな体験をするのでしょう。 

後輩の結婚式

◇ある30代女性Bさんの生き方

この物語風記事は数話に分けて書かれています。

第3話へ進む→一つの人生の形    

第1話から読む→Bさんの迷い~後輩から届いた招待状~