カウンセリングには大きく分けて3つの勢力があった

臨床心理学特論

カウンセリングを学ぶと、色々な臨床家がいたことに気づかされます。多くの場合、カウンセリングや心理学を勉強したという人であってもかなり知識が偏っているものです。

ある人は、フロイトの本を読んで心理学科に入学するまで、ロジャーズを知らなかったということも良くあることです。

かと思えば、ロジャーズを読んで入学した人がフロイトをほとんど知らないこともあります。

カウンセリングには3つの勢力がある

カウンセリングにおける3大勢力とは、フロイトの精神分析、パブロフやスキナーらの行動主義を背景とする学派、それらへのアンチテーゼと言われているカール・ロジャーズらの人間中心学派があります。

精神分析

精神分析は、フロイトが創始した一派で、ドイツで発展し、後にその場をアメリカに移しています。フロイトは多くの弟子を育て、現在もその流れで活躍されている方がたくさにいます。(19世紀後半~)

行動主義

次に、行動主義ですが、起源を考えると、パブロフやスキナー、ワトソンという学者達にたどり着くかと思います。(1920年代頃でしょうか)現在、認知行動療法という方法が非常に注目されていますが、この流れを汲んでいます。

人間中心学派

そして、最後に登場したのが、ロジャーズによる人間中学派ということになります。1950代頃からと記憶しています。大きな流れはこのように分類できるのですが、もっと細かく考えれば、おそらく数百種類のことに触れることになるかと思います。

まとめ

本来、よく勉強しておく必要がある事柄なのですが、自分が寄ってたつ理論に偏る傾向があります。これもやむを得ないと言えばそうですし、そうする必要があるとも言えます。

知識上は、臨床心理士の試験などで幅広く問われるため概ねはカバーするものですが、実際的な所は本で読んだ程度の知識のままの場合も多いわけです。

  • 参考サイト:日本の場合は世界的流れを基本としながらも独自の展開があります。